イスラエル 3回接種で効果95%の一方で…感染拡大[2021/08/26 21:05]

 ワクチン接種で世界をリードしているイスラエルで3回目のワクチン接種を受けた人に感染予防効果が95%あったとの調査結果が明らかになりました。

 地元メディアは26日、保健省の調査として、3回目の接種を受けた人に95%の感染予防効果があったと報じました。

 重症化を予防する効果も97%ありました。

 これまでに人口の18%にあたる170万人が3回目の接種を受けたということです。

 イスラエルでは接種が進む一方で、デルタ株の影響によって2回接種を受けた人でも感染するケースが増えていて、24日には約7カ月ぶりに一日の感染者数が1万人を超えました。

 今後、ユダヤ教の祭日や学校の再開が控えていて、さらなる感染拡大が懸念されています。

こんな記事も読まれています