モデルナが「コロナ」「インフル」混合ワクチン開発[2021/09/10 07:31]

 アメリカの製薬会社モデルナは新型コロナウイルスと季節性インフルエンザに同時に効果があるワクチンを開発中だと発表しました。

 「モデルナ」は9日、投資家に向けて新しいワクチン「mRNA−1073」を開発していると発表しました。

 このワクチンが完成すれば、新型コロナの追加接種と季節性インフルエンザのワクチン接種を1回で済ませられるようになるということです。

 バンセルCEO(最高経営責任者)はインフルエンザが流行する冬を前に「我々は呼吸器全般を守ることを優先している」として、毎年1度の接種を想定して新型コロナの変異株とインフルエンザの流行型に対応していく考えを示しました。

 発表が行われた9日、モデルナ株はニューヨーク株式市場で一時8%程度上昇し、市場から好感されています。

こんな記事も読まれています