レバノンで新内閣を発表 1年以上の政治空白解消[2021/09/11 20:05]

 中東のレバノンで、首相候補に指名されていたミカティ氏による新内閣が発表されました。レバノンでは、去年起きた大規模な爆発以降、1年以上にわたり政治的な空白が続いていました。

 レバノン大統領府は10日、ミカティ氏による新内閣樹立で合意がなされたと発表しました。

 テレビでの会見で、ミカティ氏は涙ながらに「国民の4分の3が貧困に陥っている」として問題解消への意欲を示しました。

 レバノンでは去年8月に大規模な爆発が起き、責任を問われた内閣が辞職して以降、宗教や宗派間の対立から、1年以上にわたり組閣ができず、政治的空白と経済危機が続いていました。

 過去に2度首相を務めたミカティ氏は、国民の一部から既得権益層と見られており、広範囲な支持を受け、混乱を収拾できるか注目が集まります。

こんな記事も読まれています