ロシア下院選 プーチン氏の与党3分の2以上の見通し[2021/09/22 09:54]

 ロシアで17日から19日に行われた下院選挙でプーチン大統領を支える与党「統一ロシア」が単独で憲法改正ができる3分の2を超す323議席を獲得する見通しとなりました。

 ロシアの下院選挙は現在、集計作業が進められていて正式な集計結果は24日に発表されます。

 現地の報道によりますと、プーチン氏の与党「統一ロシア」が323議席を獲得する見通しとなりました。

 前回より19議席減らすものの単独で憲法も改正できる3分の2にあたる300議席を大きく上回る結果となります。

 2位は共産党で15議席伸ばして57議席を獲得する見通しです。

 選挙を巡ってはモスクワなどで電子投票の結果の発表が大幅に遅れたことが問題視されています。

 電子投票により与党候補が野党候補に逆転するケースが多発したことから、野党側は票が操作された可能性があると批判しています。

こんな記事も読まれています