英 ワクチン開発研究者「コロナ毒性弱くなる」[2021/09/24 06:23]

 イギリスで新型コロナワクチンを開発した研究者が「新型コロナの毒性は弱くなり、最終的には風邪の原因の一つになるだろう」との予測を明らかにしました。

 オックスフォード大学でワクチン開発を研究するサラ・ギルバート教授は22日に行われたセミナーで、新型コロナウイルスがワクチンの効果がなくなるほどの強力な変異を起こす可能性は低下していくとの見解を示しました。

 ウイルスは一般的に循環を繰り返すうちに毒性が弱まる傾向にあり、新型コロナに関しても毒性が強まる理由は考えにくいとしています。

 そのうえで新型コロナに感染した際の症状は今後、軽くなると予想されるということです。

 さらに、新型コロナは「最終的には風邪を引き起こす季節性ウイルスの一つになる可能性が高いだろう」と分析しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

こんな記事も読まれています