韓国の国防相 北朝鮮のSLBM「迎撃可能」[2021/10/22 06:29]

 北朝鮮が19日に発射したSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)について韓国の国防相は、まだ初期の段階で迎撃は可能だという見解を明らかにしました。

 徐旭(ソ・ウク)国防相は21日、北朝鮮のSLBM発射について国会で説明しました。

 ミサイルの種類について、北朝鮮が11日の国防展覧会で新たに公開した「小型SLBM」とみられるとしたうえで、まだ「初期段階」で「迎撃可能」だとの認識を示しました。

 一方、日本と韓国で発射されたミサイル数について認識の差がある点については「近距離で監視しているため、さまざまな情報源からも我々が正しいと思う」と自信を示しました。

こんな記事も読まれています