“ショパコン”2位 反田さんのロシアの恩師に聞く[2021/10/22 09:54]

 世界的に権威のあるショパンピアノコンクールで2位に入賞した反田恭平さん。ロシア留学時代の恩師がANNのインタビューに答えました。恩師から見た反田さんとは。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「彼はとてもよく練習をしました。多くの日本人のように、彼は大変な努力家です」

 2014年、反田さんはロシアの名門・モスクワ音楽院に首席で入学します。

 この時、反田さんを誘ったのがヴォスクレセンスキー教授でした。

 反田さんを「10年に一度の逸材だ」と評価します。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「私は、反田さんはこのショパン・コンクールで勝ったと思っています。彼は他のコンクールに出場する必要はないと思います。自分のキャリアにリスクを負う必要はありません」

 教授は、今回のコンクールは反田さんのキャリアの第1ステップに過ぎないと話します。

 ピアニストとしての輝かしい未来を確信していますが、焦りは禁物だとアドバイスを送ります。

 モスクワ音楽院・ヴォスクレセンスキー教授:「私はまず第一に心の平安を願います。なぜなら、ピアニストのコンサート人生というものは大変、困難なものだからです」

こんな記事も読まれています