中国 タリバンにウイグル独立勢力への対応を求める[2021/10/26 16:45]

 中国の王毅外相はアフガニスタンで事実上、権力を掌握したタリバンの副首相と会談し、人道支援を約束したうえでウイグル独立勢力への対応を強く求めました。

 王毅外相は25日、カタールでタリバンのバラダル副首相と会談しました。

 中国外務省の発表によりますと、王毅外相は「アフガニスタンの主権と独立を尊重する」としたうえで、できる限りの人道支援を約束しました。

 一方で、ウイグル独立を目指す「東トルキスタン・イスラム運動」については「中国の安全に脅威だ」と強い懸念を示し、取り締まりを求めました。

 これに対し、バラダル副首相は「いかなる勢力も中国に危害を加えることを許さない」と応じました。

 また、女性の教育や就業の権利を守ると主張し、中国との関係強化に期待を示したということです。

こんな記事も読まれています