デモ隊2人射殺裁判で無罪評決「正当防衛だった」[2021/11/20 12:19]

 アメリカで黒人差別に抗議するデモ隊2人を射殺した罪などに問われ、裁判中に号泣した被告の男性に無罪の評決が言い渡されました。

 男性(18)は去年8月、ウィスコンシン州で「ブラック・ライブズ・マター」のデモ隊に発砲し、男性2人を射殺した罪などで訴追されました。

 検察側は無期懲役を求めていましたが、地元裁判所の陪審員は19日、「正当防衛だった」として無罪とする評決を出しました。

 男性は、トランプ前大統領の支持者でデモ隊と対立関係にあり、混乱に乗じて銃を故意に撃った可能性が指摘されていました。

 バイデン大統領は声明で、「国民に怒りと不安を与えた」としながらも、陪審員の評決を受け入れると表明しています。

こんな記事も読まれています