米台経済対話開催 中国の「経済的脅威」に連携確認[2021/11/24 06:20]

 アメリカと台湾の経済対話がおよそ1年ぶりに開かれ、中国の「経済的脅威」に対して連携していくことなどを確認しました。

 アメリカと台湾の経済対話は23日、およそ5時間にわたってオンラインで開かれました。

 去年に続く2回目の開催で、台湾側の発表によりますと、台湾からアメリカへの半導体の安定供給や、デジタル経済におけるサイバー上の安全対策などについて意見が交わされました。

 また、中国の「経済的な脅威」に対し、協力して対抗する姿勢などが確認されたということです。

 中国が台湾への軍事的圧力を強めるなか、台湾はアメリカから輸入した改良型の戦闘機で新たな軍の部隊を発足させるなど、軍事と経済の両面でアメリカとの関係を強化しています。

こんな記事も読まれています