米国「民主主義サミット」 台湾招待も中国招待せず[2021/11/24 16:50]

 アメリカ政府は12月に開催する「民主主義サミット」の招待リストを公表しました。台湾などが招待されている一方で、ロシアや中国は招待されていません。

 アメリカ国務省は来月9日から10日にかけてオンラインで開かれる民主主義サミットの招待リストを発表しました。

 バイデン大統領が主催し、民主主義国のリーダーたちを招いて開かれるサミットには日本や台湾など110カ国が招待されています。

 一方、中国やロシアなどが招待されていないことに関して台湾メディアは「権威主義的な国はリストに入っていない」と報じています。

 台湾の招待については今年3月にブリンケン国務長官が台湾を訪れた際にサミットに招くと発言していて、公約が果たされた形です。

画像:アメリカ国務省HPから

こんな記事も読まれています