WHOが新たな変異株「オミクロン」[2021/11/27 06:24]

 南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株について、WHO=世界保健機関が「懸念される変異株」に指定し、「オミクロン」と付けました。

 WHOは26日、南アフリカで確認された「B・1・1・529」株を「懸念される変異株」に指定し、名前はギリシャ文字のアルファベットから「オミクロン」と付けました。

 「懸念される変異株」には世界で猛威を振るうデルタ株も指定されています。

 WHOは「オミクロン」株は多くの変異が生じていて、デルタ株などに比べ再感染するリスクが高いことや急激な感染増加の状況から、感染力が高まっている可能性があるとしています。

 オミクロン株は26日、ヨーロッパでも初めてベルギーで確認されていて、アフリカ南部からの入国を制限する動きは、ヨーロッパやアメリカなど各国に広がっています。

こんな記事も読まれています