オミクロン株 ドイツとイタリアでも初めての確認[2021/11/28 06:01]

 ドイツとイタリアで新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の感染者が確認されました。

 現地メディアによりますと、ドイツ南部のバイエルン州当局は27日、オミクロン株の感染者2人を確認したと発表しました。

 2人は24日に南アフリカからミュンヘン空港に到着し、現在は隔離されているということです。

 また、イタリアも南アフリカの北東にあるモザンビークからの渡航者がオミクロン株に感染していたと明らかにしました。

 ドイツとイタリアではオミクロン株の初めての感染者となります。

 また、ドイツ中部ヘッセン州の地元当局者は27日、南アフリカから帰国した人からオミクロン株に特徴的ないくつかの変異が見つかったと明らかにしました。

 ロイター通信によりますと、チェコでもナミビアに滞在した人から感染が疑われる例が見つかったということです。

 オランダでは南アフリカから帰国した61人が陽性と判明し、オミクロン株かどうか解析が進められています。

こんな記事も読まれています