「オミクロン株」韓国も8カ国対象の水際対策強化[2021/11/28 10:16]

 韓国政府も、アフリカの8カ国を対象とした水際対策の強化を決めました。

 韓国保健当局は27日夜、新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染リスクが高いとされる南アフリカなど8カ国から入国する自国民に対し、28日午前0時から指定した施設での10日間の隔離を義務付けると発表しました。

 また、対象国からの外国人の入国は禁止となります。

 韓国では、新規感染者が連日4000人前後に上り、重症者用病床が逼迫(ひっぱく)するなど事態が深刻化しています。

 今のところ、国内でオミクロン株の感染者は確認されていないものの、一刻を争う状況のなかで日本など他国よりも水際対策が遅れたとの指摘も出ています。

こんな記事も読まれています