中国ワクチンメーカー オミクロン株への対応進める[2021/11/29 18:45]

 中国のワクチンメーカーの各社は新型コロナウイルスの「オミクロン株」への対応を進めています。

 中国国営メディアは29日、医薬品メーカーのカンシノ・バイオロジクスがオミクロン株に対応するため情報収集と分析を始めたと報じました。

 カンシノの担当者は、既存のウイルスベクターワクチンとmRNAワクチンのプラットフォームを活用することで「短期間で新たな変異株に対応できる」との見解を示しています。

 また、シノバックもオミクロン株のサンプルの収集を開始し、既存の不活性化ワクチンへの影響の調査を始めたと発表しました。

 シノバックの担当者は「新たなワクチンの需要に応じて大規模な生産を迅速に進めることができる」との考えを示しています。

こんな記事も読まれています