オミクロン株「重症者ほとんどいない」南ア医師会[2021/11/29 21:10]

 オミクロン株について、南アフリカの医師会の会長が「症状は軽く、重症者はほとんどいない」とパニックにならないよう呼び掛けました。

 南アフリカ医師会・クッツエー会長:「今のところ、重度の症状ではなく、ブレークスルー感染のみを確認している」

 南アフリカ医師会のクッツエー会長は28日、「オミクロン株の症状は軽く、重症患者はほとんどいないため、パニックになる理由はない」と現状を語り、「メディアの報道は誇大で、実像と合っていない」と指摘しました。

 クッツエー会長によりますと、オミクロン株の患者はデルタ株によく見られる味覚や嗅覚の異常が「ほとんど見られない」ということです。

 一方、WHO(世界保健機関)は28日、オミクロン株について最新の知見を公表しました。

 デルタ株など、他の変異株に比べて感染力や重症化のリスクが高いかどうかはまだ明らかではないとしています。

こんな記事も読まれています