OPEC+ 原油生産量 現行の枠組み維持[2021/12/03 00:34]

 OPEC=石油輸出国機構などの産油国が会合を開き、来月の原油の生産量について、現行の枠組みを維持することを決めました。

 OPEC諸国やロシアなどの産油国は2日、オンライン形式で閣僚級会合を開き、原油生産量を一日あたり40万バレル、毎月増やしていく計画を来月も維持することを決定しました。

 海外メディアなどは関係者の話として、オミクロン株の流行による景気悪化を懸念して増産量を減らす、もしくはなくすことも検討された、と伝えています。

 原油価格は、オミクロン株の確認が報じられてから値を下げていて、先週末、1バレル70ドルを割っていました。

 OPECは声明のなかで、新型コロナの影響について「引き続き市場を注意深く観察していく」と述べています。

こんな記事も読まれています