独で新首相が誕生 16年の「メルケル時代」に幕[2021/12/08 23:15]

 ドイツでオラフ・ショルツ氏が新たな首相に就任しました。16年間、首相を務めたメルケル氏は政界引退となります。

 ドイツで8日、中道左派・社会民主党のオラフ・ショルツ氏が首相に就任し、新政権が発足しました。

 緑の党と自由民主党との連立となり、各党のシンボルカラーから「信号連立」と呼ばれています。

 中国に対して厳しい姿勢を見せる緑の党のベアボック氏が外相になるなど、閣僚はショルツ氏を除いて男女同数となります。

 新首相の就任に伴って16年間、ドイツやヨーロッパをリードしてきたメルケル氏は政界を引退します。

 ショルツ首相は「メルケル後」のドイツ国内をまとめあげ、国際社会でも引き続き存在感を見せられるかが課題となります。

こんな記事も読まれています