オミクロン株「重症化リスク低いが医療崩壊も」[2022/01/03 12:14]

 アメリカの新型コロナウイルス対策のトップがオミクロン株の重症化リスクは低い可能性があるとしつつも、急速な感染拡大で医療崩壊の危険性があると注意を促しました。

 ファウチ首席医療顧問:「津波のような大きな感染の波に襲われています。ワクチンを2回接種しても、追加接種しても、感染する人が多いからです。入院患者が急増し、医療体制を圧迫する危険があります」

 ファウチ首席医療顧問は2日、CNNのインタビューで「オミクロン株の重症化リスクは従来より低い可能性がある」と述べました。

 一方で、かつてない速さで感染者が増加しているため、「医療崩壊を招く危険性がある」と注意喚起しています。

 オレゴン州の病院では、医師らの感染が相次ぎ、通常の8割ほどの人員で対応しているため、病床が空いていても治療できない恐れがあるということです。

こんな記事も読まれています