バイデン大統領 食肉業界の競争促進に約1150億円[2022/01/04 11:40]

 アメリカのバイデン大統領は、大手企業による寡占が食肉価格の上昇につながっているとして、新規参入を促す支援策におよそ1150億円を投じると発表しました。

 アメリカ、バイデン大統領:「競争のない資本主義は、資本主義ではなく搾取だ。これが今、食肉産業で起きていることだ」

 バイデン大統領は3日、畜産農家の代表らと意見を交わし、食肉加工の過程での大手企業による寡占を問題視しました。

 そのうえで、競争を激化させることで価格上昇が抑えられるとして、独立系企業の工場建設などの支援に1150億円余りを投じると発表しました。

 歴史的な物価高に対する国民の不満が高まるなか、インフレ対策に力を入れる姿勢をアピールしたい考えです。

こんな記事も読まれています