米ロ外相会談 “NATO東方不拡大”米が文書で回答へ[2022/01/22 12:19]

 ウクライナ情勢を巡るアメリカとロシアの外相会談が行われ、ロシアの安全保障上の要求について、アメリカが文書で回答することで一致しました。

 アメリカ、ブリンケン国務長官:「我々はロシア側からウクライナに侵攻する意図はないと聞いていた。きょう、ラブロフ外相も私にそう言った」

 アメリカのブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相は、1時間半にわたり会談しました。

 ロシア側がNATO=北大西洋条約機構がこれ以上、東側に展開しないよう求めていて、アメリカ側は来週中に文書で回答するということです。

 ブリンケン国務長官は、終了後の会見で「ロシア軍がウクライナの国境を越えれば同盟国と厳しく対応する」と牽制(けんせい)したうえで、不拡大を確約しない考えを示しました。

 両者は、再び外相会談を行う考えで一致しましたが、解決に向かうかは不透明です。

こんな記事も読まれています