「プーチン大統領がウクライナ侵攻を決断と確信」バイデン大統領[2022/02/19 07:53]

 アメリカのバイデン大統領は、ロシアのプーチン大統領がウクライナへの「侵攻を決断したと確信している」と述べました。

 バイデン大統領は18日、「現段階でプーチン大統領が侵攻を決断したと確信している」と明言し根拠について詳細は言及しなかったものの、「重要な情報を持っている」と説明しました。

 また、ロシア側が「ウクライナの首都キエフをターゲットにすると考えている」とも述べ、アメリカ政府がつかんだロシアの計画を公表することで「侵攻を正当化する理由を取り除き、ロシアの動きを阻止するために全力を尽くしている」と強調しました。

 その一方で、「ロシアはまだ外交の道を選ぶことができる」として、24日にブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相が会談することで合意したことも明らかにしています。

こんな記事も読まれています