過剰な対応?反発も…感染者ゼロのキャンパス封鎖 中国・四川大学[2022/03/23 20:15]

 中国・四川省の大学で感染者が出ていないにもかかわらず、「コロナ対策」として学生をキャンパスに閉じ込める措置が続き、過剰な対応だと反発の声が上がっています。

 四川省の四川大学で撮影された映像です。校門には監視員が立っていて、教師や職員の出入りは認める一方、学生の外出は禁止しています。

 6万人の学生が寮生活を送る3つのキャンパスのうち2つが封鎖され、1カ月近く出られない状況が続いているということです。

 感染者が確認されていないにもかかわらず、「コロナ措置」として外出を許可しない大学側に対し、学生たちは「犬は出られるのに私たちは出られない」「自由な学生になりたい」などのメッセージを掲げて抗議しています。

 SNSに投稿された、こうした映像は次々と削除されています。

こんな記事も読まれています