ロシア大富豪・アブラモビッチ氏ら一時中毒症状に[2022/03/29 04:05]

 ロシアのプーチン大統領に近いとされる実業家のロマン・アブラモビッチ氏が一時、中毒症状になっていたことが分かりました。何者かに毒物攻撃を受けた可能性があります。

 ウォール・ストリート・ジャーナルなどによりますと、アブラモビッチ氏とウクライナの和平交渉担当者の2人が3日、キエフでの会合後に中毒症状を発症していたと報じました。

 目の充血などが出たものの、すでに回復しているということです。

 アブラモビッチ氏は今月上旬にモスクワとキエフで数回、和平の会合を重ねていて、関係者は交渉を妨害しようとしたロシアの強硬派による攻撃だと非難しています。

 ウクライナのポドリャク大統領府顧問は疑惑を「臆測」だと否定したということです。

 大富豪のアブラモビッチ氏はサッカー・プレミアリーグチェルシーFCのオーナーとしても知られています。

こんな記事も読まれています