米国務省幹部「中国はロシアの行為に驚愕」[2022/04/07 05:21]

 アメリカ国務省幹部はロシア軍によるとみられるウクライナでの残虐行為について、中国政府も衝撃を受けていると指摘したうえで、ロシアを支援しないよう中国を牽制しました。

 米国務省シャーマン副長官:「中国側は表立ってロシアとの関係を同盟とは言っていない。ある会議の場で中国側はウクライナのブチャでの残虐行為に驚愕していた」

 シャーマン副長官は6日、下院外交委員会の公聴会でブチャでの民間人殺害について中国の出席者も衝撃を受けていたと証言しました。

 さらに、中国側が中露関係を同盟ではなく、パートナーシップと呼んでいることはロシアと一定の距離を置きたがっている表れだと述べました。

 そのうえで、「中国側はロシアを支援すればどのような結果を招くか理解しているはず」だと指摘しました。

 一方、北朝鮮についてはさらなるミサイル発射実験の可能性があると警戒感を示しました。

 韓国の新大統領の政権移行チームとも対応を協議していることを明らかにし、日米韓の3カ国で連携を深めていくと強調しました。

こんな記事も読まれています