「ウイルスとの共存は誤った思想」中国のコロナ対策のトップが強調[2022/04/19 23:29]

 中国の上海でロックダウンにより市民生活に大きな影響が出るなか、新型コロナ対策を担う衛生当局のトップは「ウイルスとの共存は誤った思想」と強調しました。

 新型コロナ対策を担う国家衛生健康委員会の馬暁偉主任は国営メディアへの寄稿で、中国は人口が多く医療資源が不足しているとの見方を示し、「対策を緩めれば医療が深刻なリスクに直面するだろう」と指摘しました。

 ゼロコロナ政策について「習主席を核心とする党中央が下した重要な判断だ」としたうえで、「ウイルスとの共存という誤った思想に反対すべきだ」と主張しました。

 ロックダウンが続く上海などでは厳しい対策に不満も相次いでいますが、あくまでゼロコロナ政策を堅持する姿勢を示した形です。

こんな記事も読まれています