ロックダウンの上海で支援物資を不正に“ため込み” 横流しか[2022/05/03 08:22]

 ロックダウンが続く中国・上海で市民に配られるはずの支援物資を不正にため込むケースが相次いでいます。横流しなどが行われていた可能性もあります。

 上海市内で先月30日に撮影された映像です。

 地元の役人らがため込んだ支援物資を住民が発見し、激しく抗議しています。

 野菜などの生鮮食品はすでに腐っていて食べられません。

 黒いビニール袋に包まれ、トラックで運ばれていたのはやはり支援物資です。

 中身は野菜や果物で、摘発を恐れた役人がゴミを装って隠蔽しようとしたと見られています。

 市内では、物資の横流しなどで不正に利益を得ようとしたと見られるケースが相次いでいて、上海市は1日、地区の責任者ら3人を免職処分にしたと発表しました。

こんな記事も読まれています