【速報】プーチン大統領 戦勝記念式典で宣戦布告などの発言なし[2022/05/09 17:00]

 「対ドイツ戦勝記念日」を迎えたロシアでは、首都モスクワで軍事パレードが開催され、9日午後にプーチン大統領が演説を行いました。

 ナチスドイツへの勝利から77年を祝う「戦勝記念日」を迎えた9日、モスクワの赤の広場では例年通り、日本時間午後4時ごろから式典が始まりました。

 プーチン大統領は聴衆を前に演説を行い、ウクライナへの軍事侵攻について「ウクライナでの軍事作戦は『唯一の正しい選択だった』」と述べました。

 しかし、いわゆる「戦争宣言」に言及するような発言はありませんでした。

 パレードでは、核弾頭が搭載できる大陸間弾道ミサイルの「ヤルス」や短距離弾道ミサイル「イスカンデル」などが登場しました。

 一方で、悪天候のため航空部隊の参加は取りやめとなりました。

こんな記事も読まれています