プーチン氏 フィンランドのNATO加盟方針を「過ち」と批判  [2022/05/14 22:15]

 フィンランドのNATO(北大西洋条約機構)への加盟申請を巡り、ロシアのプーチン大統領は「軍事的な中立政策の放棄は過ちだ」などと批判しました。

 ロシア大統領府によりますと、プーチン大統領は14日にフィンランドのニーニスト大統領と電話で会談し、「フィンランドへの脅威は存在しない。中立政策の放棄は過ちだ」などと述べ、フィンランドのNATO加盟申請を批判しました。

 フィンランド側の発表によりますと、ニーニスト大統領はプーチン大統領にロシアのウクライナへの大規模な侵攻によって安全保障環境が変化したと説明。NATOへの加盟方針を伝えました。

 ニーニスト大統領によりますと、会談はいら立つことなく、率直に行われたということです。

 フィンランドのNATO加盟申請を巡っては、ロシア側はフィンランドへの送電の停止など報復とも取れる措置を発表しています。

こんな記事も読まれています