米主導の経済枠組みIPEFにフィジーが参加[2022/05/28 04:02]

 対中国を念頭にアメリカ主導で立ち上げたインド太平洋地域との新たな経済枠組みにフィジーが加わり、太平洋島しょ国を巡る米中の覇権争いが激しくなっています。

 ホワイトハウスは26日、フィジーがIPEF(インド太平洋経済枠組)に新たに加わり、参加国は14カ国になると発表しました。

 サリバン大統領補佐官は声明で、フィジーが島しょ国のなかで最初の参加国になると述べ、「IPEFはインド太平洋地域の多様性を反映している」と強調しました。

 島しょ国を巡っては、中国の王毅外相が26日から安全保障に関する協定を結んだソロモン諸島をはじめ、8カ国を訪問するなど影響力を強めていてアメリカとの覇権争いが激しくなっています。

こんな記事も読まれています