サントリー「山崎55年」海外オークションで約8100万円で落札[2022/06/18 17:00]

 日本のウイスキーが海外でのオークションで1本60万ドル、約8100万円で落札されました。

 オークション大手「サザビーズ」によりますと、サントリーのシングルモルトウイスキー「山崎55年」がニューヨークで競売にかけられ、17日に60万ドル、約8100万円で落札されました。

 山崎55年は55年以上の熟成を重ねた複数の原酒をブレンドしたもので、日本では2020年に100本限定で税抜き300万円で発売され、完売しています。

 サザビーズは「日本のウイスキーの歴史において、最も古いだけでなく、最も価値のあるボトル」と評しています。

 今回のオークションでは、事前の予想価格40万から50万ドルを大きく上回り、海外での日本のウイスキーの人気ぶりを改めて印象付けました。

こんな記事も読まれています