ロシアに制裁のリトアニアがサイバー攻撃を受ける ロシアのハッカー集団が犯行声明[2022/06/28 05:03]

 ロシアに鉄道輸送の制裁を科しているバルト三国の一つ、リトアニアで政府機関などがサイバー攻撃を受けました。ロシアのハッカー集団が犯行声明を出しています。

 リトアニア国防省傘下のサイバーセキュリティー当局は27日、政府機関や民間企業がサイバー攻撃を受けたと発表しました。

 ウェブサイトやサーバーに対し、複数のコンピューターから大量のデータなどを送りつける「DDoS攻撃」によって政府機関が使用するネットワークも一時使えなくなる被害があったということです。

 リトアニア当局は「特に通信やエネルギー、金融の分野で、さらに激しい攻撃が今後、数日間継続する可能性が高い」と注意を呼び掛けています。

 一方、ロイター通信によりますと、ロシアのハッカー集団「キルネット」が犯行声明を発表しました。

 リトアニアが18日からロシアに科しているロシア本土から飛び地のカリーニングラードへの貨物列車の通過を拒否する制裁に対抗したとしています。

こんな記事も読まれています