上海でロックダウン後初の国際的イベント テーマは「AI、メタバース」[2022/09/02 23:45]

 中国・上海でAI(人工知能)やメタバースをテーマにした展覧会が開かれました。上海で国際的なイベントが開催されるのはロックダウン後、初めてです。

 今年で5回目の開催となる「世界人工知能大会」の目玉は、仮想空間「メタバース」をテーマにした展示です。

 中国政府はメタバース産業の振興を掲げていて、上海市も2025年に年間7兆円の産業規模を実現する方針を打ち出しています。

 上海市によりますと、世界規模の展覧会が開催されるのは3月末から行われたロックダウン以降、初めてだということです。

 メタバースなど新たな技術の振興にはゼロコロナ政策で失速する中国経済の持ち直しを図りたいという狙いがあります。

こちらも読まれています