韓国 攻撃型ドローンなどの火力訓練で最新兵器アピール 武器輸出に注力[2022/09/21 13:05]

 韓国陸軍が武器輸出を念頭にした戦車や攻撃ヘリなどの火力訓練を行いました。

 韓国陸軍がソウル近郊で行った機動火力訓練の映像には、土煙を上げながら戦車が走行し、銃撃音が響き渡る様子が映っています。

 戦車や攻撃ヘリコプターといった主要戦力のほか、小型の銃を搭載したドローンなど無人兵器も登場しました。

 韓国では21日から海外の軍事関係者なども参加する軍事産業の展示会が開かれますが、訓練は見せる目的で行われ、100台以上の兵器が投入されたということです。

 ロシアのウクライナ侵攻が長期化するなか、韓国はNATO(北大西洋条約機構)加盟国を中心に武器輸出に力を入れていて、最新兵器のアピールを強めたい考えです。

画像:韓国国防省提供

こちらも読まれています