コロナ急拡大の中国 米大使館がビザ発給業務停止[2022/12/16 06:24]

 ゼロコロナ政策の撤回以降、コロナ感染が急拡大している中国で、北京にあるアメリカ大使館が通常のビザ発給業務を一時停止すると発表しました。

 在中国アメリカ大使館は15日、中国各地で新型コロナの感染が急拡大し、業務に支障が生じたとして、北京の大使館と上海・広州・瀋陽・武漢の各領事館での通常のビザ発給業務を一時停止すると発表しました。

 感染によるスタッフ不足が原因とみられます。

 また、北京の日本大使館でも複数の感染疑いが発生したため、7日から来館者の入場を規制しています。

こちらも読まれています