高市大臣「処理水の最後の1滴まで安全性を確保」 中国「核汚染水」発言に反論[2023/09/25 23:48]

 IAEA(国際原子力機関)の総会で中国が改めて「核汚染水」という言葉を使って日本の処理水放出を批判し、高市大臣が反論しました。

 オーストリアで25日から開催されているIAEAの年次総会で、中国は福島第一原発の処理水放出を「核汚染水の海洋放出は原子力安全上の大きな問題だ」と改めて批判しました。

 これに対し、日本の高市早苗科学技術担当大臣は「中国の主張は科学的根拠に基づいていない」と反論しました。

 高市科学技術担当大臣:「日本政府はIAEAとともに、処理水の最後の一滴が放出されるまで安全性を確保し続ける」

 IAEAの年次総会では、ザポリージャ原発の安全確保や北朝鮮やイランの核開発などについても話し合われる予定です。

こちらも読まれています