プーチン大統領肝煎り…中国への依存度を深めるロシアで盛大に「春節」[2024/02/12 23:39]

 ロシアで中国の旧正月「春節」が盛大に祝われています。大規模な経済制裁を受けるロシアは中国への依存度を深めています。

 首都モスクワでは街のいたるところで「春節」を祝うイベントが企画され、まるで自国の祝日のように盛大に祝っています。

 プーチン大統領肝煎りの中国との文化交流の一環で、今年初めて企画されました。

 どういうわけかサンタクロースまで。

ロシアのサンタクロース
「(Q.なぜ今年このようなイベントを?)ロシアと中国の関係はさらに温まり、強い絆で結ばれた大家族になったからです。ロシアと中国は常に友人であり、今はさらに友好的です」

中国のサンタクロース
「本当に感謝しています」

 ウクライナへの侵攻が長期化するなか、ロシアは中国との関係強化で西側による大規模な経済制裁を乗り切りたい考えです。

 一方、中国は文化交流や自動車貿易などに積極的な一方で、プーチン大統領が求める新たなパイプラインの建設には慎重姿勢を崩していません。

 中露外交筋は「中露関係は対等ではない。中国が上だ」と指摘しています。

こちらも読まれています