東南アジアで初となる「同性婚」を認める法案がタイの下院で可決[2024/03/27 22:25]

 東南アジアで初となる「同性婚」を認める法案がタイの下院で可決されました。上院の審議を経て年内にも施行される見通しです。

 タイの下院は27日、同性婚を認める法案について出席した415人の議員のうち400人が賛成し、可決しました。

 この法案は現在の婚姻の定義を修正するもので、「男性」や「女性」を「個人」と表現するほか、「夫婦」という記載を「パートナー」へと書き換えます。

 同性カップルも婚姻が可能となり、相続や養子縁組などの権利が認められるということです。

 今後、上院で可決、成立すれば年内にも施行される見通しで、東南アジアで初めて「同性婚」を認める国となります。

 タイ政府は、性的マイノリティーに寛容な国をアピールし、世界中から観光客を呼び込みたい考えもあります。

こちらも読まれています