米テキサス州の小学校で銃乱射 21人死亡[2022/05/25 13:03]

 アメリカ南部・テキサス州の小学校で18歳の男子高校生が銃を乱射し、児童や教師ら21人が死亡しました。

 地元当局などによりますと、24日午前11時半ごろ、アメリカ・テキサス州のユバルディにある小学校で銃の乱射事件が起き、これまでに児童19人と教師ら2人の合わせて21人が死亡しました。

 他にも多くのけが人がいて、病院に搬送されています。

 銃を乱射したのは地元に住む18歳の男子高校生、サルバドール・ラモス容疑者で、警察との銃撃戦の末、その場で射殺されました。

 当時、ラモス容疑者は防弾服を着た状態で車で小学校に突っ込み、その後、教室内で銃を乱射したということです。

 また、地元の治安当局はラモス容疑者が小学校に向かう前に自身の祖母を撃っていたことを明らかにしています。

 今回の事件を受けてバイデン大統領は緊急会見を開き「学校での発砲事件はもううんざりだ」と述べ、銃規制の重要性を改めて訴えました。

こんな記事も読まれています

Copyright© tv asahi All rights reserved.