花火が地上で破裂し男女10人けが 茨城・土浦市[2018/10/08 12:54]

 6日夜、茨城県土浦市の花火大会で打ち上げられた花火の一部が地上で破裂しました。子どもを含む男女10人がけがをしました。

 消防などによりますと、土浦全国花火競技大会で午後6時40分ごろ、打ち上げられた花火の一部が地上で破裂しました。
 花火の観客:「本当に危険だなと。2メートル弱くらいの目の前を飛んでいった。前の雑木林に2つ火の玉が飛んできて30秒くらい燃えていた」
 この事故で9歳の男の子から66歳の女性まで男女10人が軽いやけどを負いました。救護所の医師が手当てをし、病院に搬送される人はいませんでした。当時、土浦市には強風注意報が出ていました。大会本部は風が強まって観客の安全が確保できないとして大会を中止しました。