もし逆走したらどう対処?原則は「ゆっくり停車」[2018/11/16 19:51]

 ドライブレコーダーに捉えられたのは国道を逆走する車だ。運転を間違いにくい一般道でも起きる車の逆走。もし、私たちが運転中に逆走に気付いたらどうすればよいのか。

 15日、秋田市の国道で撮られた映像。進行方向の先。軽自動車の陰に隠れていたのは白い乗用車。逆走というか逆走状態で止まっている…。事故もなく緊迫感は少なめなのだが、実はこの状況は大いに学ぶべき点がある。その説明の前になぜ、こうなったのか。逆走した車は、片側2車線の右側の追い越し車線にこちらを向いて止まっていた。近くに交差点はない。逆走した車は国道との合流ポイントで間違った可能性がある。国道に向かっていく道路だが、右側は国道から出てくる車線になる。ここを逆走した可能性がある。問題は逆走に気付いた時の対処。今回の車は路上で止まったとみられるが、日本自動車連盟によれば、これは大正解。走り続けるより安全だという。逆走に気付いた時は周りに知らせるためにクラクションを鳴らし、警察に通報。状況に応じ、車ごと安全な場所に移動するのが有効だ。ただ、何より重要なのは逆走をしないこと。ちなみに今回、運転していたのは高齢の男性とみられる。車の流れが途切れたタイミングでUターンし、本来の方向に走り出したという。