停電、倒壊、冠水被害 台風15号の爪痕[2019/09/10 17:37]

 過去最強クラスの勢力で千葉市付近に上陸した台風15号。猛烈な風と激しい雨をもたらし、千葉県を中心に大きな被害を及ぼしました。千葉県市原市ではゴルフ場のネットを張った支柱が倒壊しました。家の中にいた20代の女性が胸を強く打って重傷です。市原市では早朝に観測史上1位となる最大瞬間風速33.9メートルの風が吹いていました。
 千葉県館山市では屋根から大量の瓦が落ち、窓ガラスが割れる被害がありました。館山市では消防への通報が100件を超えていて、少なくとも10人以上が病院へ搬送されています。
 神奈川県や東京都内でも大雨や暴風の被害が相次ぎました。神奈川県鎌倉市では一時、神戸川流域の85世帯200人に避難指示がでました。三浦市の海岸沿いの道路を封鎖しているのは、海の家です。車も通れず引き返しました。街頭や標識も巻き込み、海の家は壊れています。東京都大田区の住宅街でも冠水し、道路が見えない状態になっていました。9日朝に台風が通過した関東では各地で急速に天気が回復、午後は全国的に35度を超える猛烈な暑さに警戒が必要です。