トラック逆走2人死亡 2時間半前に別の事故[2019/12/20 13:15]

 16日午後2時ごろ、山口県周南市の国道をトラックが逆走して車2台に衝突、2人が死亡した事故が起きました。トラックの運転手は事故当時の記憶がなく、「気が付いたら事故を起こしていた」と話しているということがわかりました。さらにこの逆走の2時間半前にも同じトラックが別の接触事故を起こす様子がカメラにとらえられていました。

 投稿者:「(前の車に)当たった、いま。」

 逆走事故の約2時間半前、現場から約15キロ手前で同じトラックの異様な様子がドライブレコーダーにとらえられていました。
 上り坂の真ん中で停止したトラック。前の車で一旦見えなくなりますが、その直後。

 投稿者:「うわー、やばい。」

 突然バックで迫ってくるトラック。車3台にぶつかった後、現場から走り去ったということです。

 投稿者:「間に合わないなと思ったので、右にぎりぎり寄って。体感的には本当にぎりぎりだったと思います。」

 事故を起こしたトラック運転手の弁護士によりますと、バックで事故を起こしたことについても「初めて知った」とびっくりした様子だったということです。