感染拡大で武漢『封鎖』 病院はすし詰め状態に[2020/01/24 12:59]

 これは23日に撮影された、中国・武漢市内の病院の映像です。多くの人が詰めかけ、廊下はすし詰め状態。ほとんどの人がマスクをしています。空港にはチケットを求める大行列ができ、高速道路は大渋滞。
 武漢市は日本時間の23日午前11時から空港や駅を閉鎖しました。中国・福建省の空港では、飛行機の乗客のなかに発熱している人が見つかり、隔離のため箱に入れられ搬送されていきました。武漢では日本人1人が重い肺炎を発症していて、新型のコロナウイルスによるものか確認中だということです。
 「新型コロナウイルス」による肺炎の感染者は850人を超え、死者は26人に上っています。中国では24日から春節の大型連休が始まり、国内外へのさらなる感染拡大が懸念されています。