女が白昼に賽銭泥棒“一部始終”[2020/01/27 14:16]

 お寺の防犯カメラに一部始終が映っていました。

 これは群馬県太田市の寺に設置された防犯カメラの映像です。白昼、人目を避けるようにパーカーのフードをかぶり、マスクをした人物が現れました。体形などからは、女のようにみえます。そして、忍び足で本堂の中に入り込んだかと思うと、手慣れた様子で賽銭箱の底に設えられた受け皿を引き出し、札を抜き取っていきました。この間わずか40秒。一切無駄のない動きでした。

 寺の副住職:「アッと思いましたね。まさかというか。女性がこんなことするのかな、と思うことですよね。」

 しかし、驚くべきはこの4日後のことです。同一人物と思われる女が性懲りもなく、同じ格好で再び犯行現場に現れたのです。今度は1円たりとも残さぬといった勢いで、根こそぎ小銭を盗んでいきました。

 寺の副住職:「私が思うにも初めてじゃないのかな、という感覚がありまして。常習犯なんだろうな、と思うような盗み方ですよね。」

 被害の総額は合わせて6万円ほどで、寺は警察に被害届を提出しました。

 寺の副住職:「仏様もみていると思いますので反省なさって、これからはそんなことはやめて、まっとうな道を歩んで頂きたいなと思います。」

こんな記事も読まれています