九州南部で記録的な豪雨 球磨川が氾濫 街が冠水[2020/07/05 14:34]

 たちまち濁流に飲み込まれた街。建物の一階部分の高さまで水が押し寄せ街全体がまさに川と化しています。

 4日、九州を襲った数十年に一度の大雨。熊本県では南部を中心に1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降りました。熊本県の南部を流れる一級河川 球磨川のほぼ全域で氾濫(はんらん)が起こり、街は一面水につかりました。午前4時50分に熊本と鹿児島に出された大雨特別警報は正午前に大雨警報に切り替わりましたが、各地で土砂崩れや冠水が発生していて引き続き最大限の警戒が必要です。

こんな記事も読まれています