福岡で大雨特別警報 各地で冠水[2020/07/07 21:06]

 活発な梅雨前線による大雨で気象庁は6日、福岡県と佐賀県、長崎県に大雨特別警報を出して最大級の警戒を呼び掛けました。

 各地で崖崩れや道路の冠水が相次ぎ、住宅などに被害が出ました。福岡県大牟田市では24時間雨量として観測史上最大となる440ミリの雨を観測しました。気象庁はこれまでの雨で重大な災害が発生している可能性が高いとして、福岡県と佐賀県、長崎県の市や町に「警戒レベル5」にあたる大雨特別警報を出しました。梅雨前線は7日も九州付近に停滞するとみられていて、特に九州北部では8日朝までにさらに250ミリのまとまった雨が降る見込みです。

こんな記事も読まれています