岐阜・下呂市で観測史上最大の雨 最大級の警戒を[2020/07/08 12:57]

 気象庁は8日午前6時半に岐阜県、午前6時43分に長野県で大雨特別警報を発表しました。
 梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、24時間に降った雨の量は岐阜県下呂市萩原では観測史上最大となる414ミリを観測しました。これは7月の平年の1カ月分の雨量を超えています。
 気象庁は8日午前11時40分にいずれも大雨警報に切り替えましたが、これまでに降った大雨の影響で引き続き災害が発生しやすい状況が続きます。土砂災害や河川の氾濫などに引き続き警戒が必要です。

こんな記事も読まれています