東京・調布市 トラックが交番に突っ込み運転手死亡[2021/10/09 11:58]

 8日夜、東京・調布市で交番にトラックが突っ込み、運転手の男性が死亡しました。

 事故があったのは調布市の甲州街道沿いにあるつつじケ丘駅前交番です。

 警視庁によりますと、8日午後8時40分すぎ、土砂などを積んだトラックが交番の外壁に衝突して止まりました。

 トラックには2人が乗っていて、運転席にいた50代くらいの男性が死亡し、助手席の10代後半の男性は病院に運ばれましたが、命に別状はありません。交番にいた警察官2人は無事でした。

 現場近くにいた男性によりますと、事故直後の路上には荷台に積まれていた土砂が散乱し、警察官が「ガソリンが漏れている」などと周囲に注意を呼び掛けていたということです。

こんな記事も読まれています