阿蘇山噴火 立ち上る噴煙 今後も注意を[2021/10/21 09:33]

 20日午前11時43分ごろ、熊本県の阿蘇山が噴火しました。

 噴煙は阿蘇山の中岳第一火口から約3500mの高さまで上がりました。

 気象庁によりますと、火口から西側約1300mの地点まで火砕流が確認されたということです。

 このとき、3kmほど離れた駐車場周辺には修学旅行生や観光客らがいました。

 熊本県によりますと、噴火当時16人が登山していましたが、全員の下山を確認しています。けが人の情報は入っていません。

 気象庁は噴火警戒レベルを5段階のうち上から3番目の「入山規制」に引き上げ、注意を呼びかけています。

こんな記事も読まれています